頭髪は抜けたり生えたりが自然に行われていらっしゃるかもしれませんねが、実際どういう役割を果たしているのでしょうね?まず1つ目は、外からの衝撃から頭皮や脳を守る役割をしています。直射日光が当たるのを防いだり、有害な紫外線から頭皮を守る事で、皮膚ガンの発症を防いだりする事もありますね。高温や低温から頭部を守るに限らず、何か物がぶつかった時に頭髪があることでクッションになり、大怪我になる事を防ぎます。人間の行動や言語、生命活動などを司る役割をしている脳は刺激を受けると、身体全体の生命バランスそのものが崩れてしまいかねないでしょう。そのバランスを維持するためにも、頭髪が脳を保護しています。2つめは、感覚器や触覚器などとしての機能です。放射状に付着している知覚神経のおかげで、弱い刺激にも反応行うことができるため、危険を回避することが出来ます。3つ目は、体内に取って有害な物質を体外に排出するための重要な器官としての役割です。有機水銀、カドミウム、ヒ素、アルミニウムなど、人間の体にとって有害な物質は、毎日普通に生活しているだけで、様々なところから体内に入ってしまっていると思います。あるていどまでは大丈夫ですが、ある一定の量を超えてしまうと、健康上にいろんな問題が生じてきてしまうでしょう。そうなってしまわないためにも、日頃から汗と共に体外に排出したり、頭髪からその有害な物質を体外に排出しています。頭髪の少ない方でしたら、有害な物質を排泄する場所が少なくなるわけですから、体への負担が頭髪の多い人よりもかかりやすくなってしまうでしょうー